公益財団法人 倉敷天文台 原澄治・本田實記念館

倉敷天文台とは

倉敷天文台の歴史

倉敷天文台は、大正15年(1926)11月21日に、当時としてはわが国で最大級の口径32cm反射望遠鏡を設置し、全国初の民間天文台として誕生しました。

当時の天文台はすべて官立(現在の国立)で、一般の天文愛好家は利用できなかったので、誰でも観望できるようにと無料開放された施設です。

名誉台長には後に倉敷名誉市民となった創設者の原澄治(1878~1968)、 台長は民間天文台設立を熱心に説いた京都大学の山本一清博士(1889~1959)、 主事は岡山のアマチュア天文家水野千里、台員宮原節、中村要のメンバーで天文普及活動や天体観望会をおこないました。

主な観測機材

31.5cmカセグレン式反射望遠鏡

15cm対空型双眼望遠鏡(本田實が彗星捜査に使用していた望遠鏡)

倉敷天文台ポスターギャラリー

『岡山広告温泉2019』にて倉敷天文台のポスターが
岡山広告温泉2019グランプリ賞
岡山広告温泉2019グラフィック部門賞(第一位)
に選ばれました!
シリーズ作品を下記にご紹介します!

ご来館・ご利用は予約制となります

★原澄治・本田實記念館

開館時間 13:00-17:00
開館曜日 火・水・木曜日のみ開館
(祝日は除く)

★観望室

天候不良の場合は中止となります。


★ご予約・お問い合わせ

記念館見学申込、観望申込、彰邦ホール使用申込(会員のみ)、その他お問い合わせはこちらからどうぞ。

申込・お問い合わせ

TEL: 086-422-4589

(奨農土地株式会社 内 倉敷天文台事務局)

access

〒710-0046 
岡山県倉敷市中央2丁目19-10
JR倉敷駅より南へ徒歩12分/
山陽自動車道倉敷IC - 車15分
駐車場(普通車10台)