公益財団法人 倉敷天文台 原澄治・本田實記念館

記念館のご紹介

昭和27年(1952)当時に建造された5mドームを備えた天文台の建物を原澄治・本田實記念館として公開しています。

平成5年(1993)11月21日に開館しました。

1階

1階は、「本田實記念室」として、本田實が愛用した観測機や星の写真の撮影フィルム、新彗星、新星の発見により贈られたメダル、少年のころ初めて作った小さな望遠鏡のレンズや彗星捜査を決意させた図書などの遺品や写真を展示しています。

2階

2階は「原澄治記念室」として天文台設立時に購入した32cm反射望遠鏡、昭和27年に設置の12cm屈折望遠鏡、創設の頃やその後の天文台関係の文献や新聞記事、創設者原澄治の書や陶芸作品、蔵書を展示しています。

ご来館・ご利用は予約制となります

★原澄治・本田實記念館

開館時間 13:00-17:00
開館曜日 火・水・木曜日のみ開館
(祝日は除く)

★観望室

天候不良の場合は中止となります。


★ご予約・お問い合わせ

記念館見学申込、観望申込、彰邦ホール使用申込(会員のみ)、その他お問い合わせはこちらからどうぞ。

申込・お問い合わせ

TEL: 086-422-4589

(奨農土地株式会社 内 倉敷天文台事務局)

access

〒710-0046 
岡山県倉敷市中央2丁目19-10
JR倉敷駅より南へ徒歩12分/
山陽自動車道倉敷IC - 車15分
駐車場(普通車10台)